足ること

春の海という日本の誇る名曲を弾くことになっているので

何気なしに宮城道雄さんをYOUTUBEで検索していると、いくつも関連動画が出てくる。

とても便利な時代になったものだ。

 

聞けば聞くほどに、宮城道雄氏の音は、自分と箏、自分と音楽の間に距離がほとんど無く

余計なものが付随しない生の音楽だ。

まるで音楽を直に触っているような気さえおきる。

素晴らしい。

目がお見えにならなかったことも、この音には深く関係しているように思える。

 

見えない、ことは余計なものを見ない、ことに通じている。

余計なものを見ないことは

見たいものだけに全集中力向かうということ。

だから、見える、ことが見えない、ことより恵まれてるとか、そういう風にも一概に言えないのではないか。

 

これは、見えない、ことだけでなく

ほかの全てのことに関して云えると思う。

 

実は持ってる、ことがラッキーなことでもなくて

持っていないことが、イコール不幸なことでもない。

 

 

それぞれ

与えられた条件下で

描かざるを得ない自分の文様を描いていく。