文鳥

明方の夢で
懐かしい娘(こ)が、手元で器用にくるくる黄色い文鳥を回して遊ばせている夢を見た。
先生は(こちらを)心配もするけれど、
時々どーん、と信用ぶつけてくるからなぁ、と言ってた。
あはは


久しぶりだったし、
昨日は遠くから生徒さんが来ていたので、
それで連られて現れてくれたのかな。


向こうでもきっと元気でやってるのかな。
そうだよね。

皆んなを見守って下さい、と合掌。