rich

映像はネットでYouTubeやアマゾンプライムを観る派なので、ここ数年テレビは殆ど見ないのだけれど、
今年の夏はTBSの世界陸上2022をよく観てました。
男子100メートルのフレッドカーリー準決勝や、200メートルのノアライルズ。
本当に素晴らしくて、後からネットで何度も見直してます。


陸上は当然数人で走るんだけれども、特に短距離は他人との競争というよりは、いかに普段通り、を越えて、いつも以上のパフォーマンスが出せるか、自分自身との闘い感が強くて、ちょっと演奏と似てるな、と思いました。

本番はパフォーマンスを突き詰めるんだけど、凄い人は王道ど真ん中を走るというか、余裕、常に選択できる自由があるというか。
そこに自分を設定すれば良いのかもしれない。
と、なんやかや、また自分の中でも挑戦してます。


楽器や運動でなくとも、
年齢も関係なく
素敵な人は姿勢にも余裕がある。
貧しくない。richって感じ。
空気を読む、というのとは異なる
周りや自分を冷静に見ることが出来る余裕。
姿勢から精神や心にも余裕が生まれるのかもしれないです。