2021年さよなら

残すところあと数時間。

 

2021年、色々あったけれども

終わり良ければすべて良し。

 

引越ししたことが2021年重大ニュースの上位であることは間違いなく。

 

 

ざっと私の2021年の流れ。総括。

 

 

2020年のアメリカ不正選挙を引きずってからの

トランプ大統領、バイデン政権の諸々。

 

に、ショックを受け、

こんなに楽器を弾かなかった年は無かった。

 

不正が世の中を覆うと、自分の中の善悪、物理を含めた全ての法則がひっくり返る。

気分が清々しいとこんな感じで、重苦しいとこんな感じ、とか。そういうのを含めて音色や音程を作っているので、世の中が不正だとマジでやってらんない!!!→ 不正は無かった、と。それを信じる人たち(左派、芸能の世界には多い)と同じ楽譜を見ても分かり合える気がまるでしない。→ 分かり合えない人たちに聴いてもらう気もない。

 

と、いうような思考回路。

 

 

芸術家や音楽家が、政治世界に興味を持つと聴き手を選びたくなって職業的によくないのは分かる。聴いてもらう前に音楽にイメージを付けるのも良くないし。

でもあまりにも現実世界に無関心過ぎてプロパガンダに使われたりしても平気だったりするのは絶対に嫌。

正直、スポンサーはあちら側なのだから経済活動と両立するのは難しい。

 

結局ワガママなんだけれども、

わかるけれども、いけるところまで自分らしく行ってみて、もしダメだったらなんか考えます。

 

 

政治に夢中になりすぎるのをやめて、お客さま(聴き手)にあまり興味を持ち過ぎないようにリハビリテーションして、、

引越しで色々忙しい時期があり、、

 

新しい素敵な部屋に引越して(最近ぢゃないか!)

これほど楽器を弾くのがこんなに面白くなったことも無い。

 

 

 

コロナは、、正直トランプ大統領が帰ってきて

おかしなマスメディア(アメリカも日本も)とディープステイトを一掃しないと

幕引き出来ないと思ってます。

 

 

来年は寅年だし、

きっと良いことが沢山あると思う。

 

 

皆さまにとって2022年が良い年になりますように。