NEPAL SUPPORT PROJECT 2020~

ページがかなり重くなってきたので

ネパールサポートプロジェクト、2020年からの活動と、2020年までの活動のページに分けることにしました。

 

これからも応援よろしくお願いいたします⭐︎

 

 

◆◆ ネパールからOKバジの報告◆◆(2021.4.22)

 

 

 

To:ciaomagnolia@gmail.com

 

中島慎子様、ネパールへご協力くださっている皆様

 

待ちに待った、インターネットへの仲間入りが去る4月9日にできたのですが、そちらにこの日学校からのメッセージが届いたでしょうか?

私も一筆 日本語でメッセージを書き送ってもらいました。

届いているといいのですが。

 

ネットに全く無知なので知らず、後に知ったことですが

全く知らないところからのメールはdelete(見ないまま)してしまうそうですね。

この私からのメールはご覧になっていただいたでしょうか。頂きましたら送信主にご一報いただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

 

皆さんのお陰で子どもたちに広い世界を見せることができるようになりました。

これは私の想像を絶する広大な世界のようです。老兵には理解のできない新しい世界を

これからの子どもたちに与えてくださり ほんとうにうれしくありがたく思います。

 

学校とのやりとりを続けて下さい。 ごきげんよう。

 

垣見一雅 OKbaji

 

 

ちなみに、ネパールからのメールは本文無し題名だけは届いています。これから、ここから!

 

 

 

 

 

 

◆◆垣見さんよりお知らせです(2021.3.27)◆◆

 

残念ながら今年もコロナの影響で日本への一時帰国を諦める、とのお知らせがネパールより届きました。

 

いつもネパールへご協力くださっている皆さまへ 2021.3.25

 

「今年も一時帰国をあきらめる」ことのお知らせ

 

コロナ騒ぎの中、どのな日々を送っておられるでしょうか。

皆様お元気ですか。  私はお陰様で元気です。

 

ネパールはコロナによるlockdownが始まったのが2020年3月24日でした。

1年経った今 農村部ではコロナ禍は落ち着き、私は以前同様 村巡りを続けています。

 

日本のコロナ状況を支援者の皆様にお聞きしたところ、日本国内でさまざまな制限を受ける可能性がありそうだということがわかり、残念ながら今年も 一時帰国をあきらめることになりました。すでに予定を入れてくださった皆様にご迷惑をかけ ほんとうに申しわけありません。おゆるし下さい。 いずれ改めて2020年の支援内容 その他について お礼も兼ね ご報告させていただきます。

 

  お元気で2021年を続けられて下さい。ごきげんよう。

来年 お会いできる日を楽しみにしています。

 

                         垣見 一雅(OK baji)

 

 

 

 

 

 

◆◆OKバジからのメッセージ◆◆(2021.3.27)

 

中島慎子様 2021.3.27

 

コロナ騒ぎの中 どんな日々を送られていらっしゃるでしょうか。

お元気のことと思います。

 

中島さんに2年前にいただいた図書室はその後蔵書も増え

子どもたちもとても喜び 本に親しむことが多くなったと父兄も先生も喜んでいました。ご協力ありがとうございました。

 

ところが この学校(公立)もほかの公立校の例にもれず、English mediumと称してnurseryの段階から英語教育を始めました。今まで1〜5年まで5教室で済んでいたのですがnursery,LKG,UKGと3教室が新たに必要となり大きな教室を半分ずつ区切って使用してきました。そのため今までの図書室は臨時に2つに区切って利用していますが、とても狭く、新しく図書室を作りたいと申請がありました。1部でもご協力いただければ、足りない分は自治体も協力するとのことです。次便で詳細をお話しさせて頂きます。

ごきげんよう、 垣見一雅

 

 

 

 

 

◆◆ネパールの方を通してバジから手紙と写真が届きました◆◆(2021.1.23.)

 

 

 

◆◆ ネパール垣見さんよりお手紙です(2020.9.15) ◆◆

 

ネパール草の根の村人たちにご協力、ご支援くださっている皆様へ 2020.9.15

 

皆さま お元気ですか。私は元気です。日本のコロナ騒ぎは落ち着きましたでしょうか?

ネパールではコロナ騒ぎによる封鎖が始ったのは今年3月24日でした。

そろそろ6ヶ月になります。今日9月15日のネット情報によるとネパールのコロナ感染者は55,360人、死者は360人だとのことです。私が住んでいるプルバコーラ自治体内で一週間前、人が集まり易い茶屋、洋服店、米雑貨店、薬局などの店主13人の検査をした結果、全員negativeと判明されほっとしています。

 

①お知らせ

この6ヶ月間、感染者のいない村々を各1週間ずつ3回支援に行って来ました。支援内容は米支援のみです。今は仕事がほとんどなく 出稼ぎ、日雇い労働者、あるいはインド、その他の国からの帰国者たちから窮状を私に訴えてきました。政府、自治体も米支援をしていますが追いつきません。

私は村々を訪れ 特に困っている家庭を各村から10世帯を、ユースクラブ あるいは女性グループに選んでもらい、各世帯に米(クズ米)を100Kg ネパール人に欠かせない豆、その他を支援してきました。1世帯約5000円かかります。子どもの多い家庭には、子どもたちがひもじい思いをしないよう、特別の考慮もしています。

 

このような事情で 今年は皆さまからのご協力金のうち一部又は全額を米資金のために 使わせていただきたいと思い、今日、お知らせをかねてお願いしています。 貧しい家庭を訪れたとき、心細くなっている備蓄のそばに日本からの100Kgの米がどかん と置かれると 思わず手を合わせたくなってしまいます。 皆さまのお陰で こういう支援ができていることを心から感謝しています。 ありがとうございました。

 

②おねがい 

①のような事情で これまで皆さまには充分ご協力をいただいていますが、 さらに今年は米基金のためにご協力いただけるとありがたく思います。この支援のための米は1Kg40円です。1,000円で25Kg支援できます。ご協力金は前回同様下記にお振り込みいただけると幸いです。

 

東京三菱UFJ銀行 普通総合口座 大井町視点 店番357

口座番号 259746 口座名義人氏名 垣見一雅

 

よろしくおねがいいたします。 以上です。   垣見一雅(OK Baji)

 

 

 

 

 

 

◆◆ 垣見さんからお電話いただきました(2020.6.27)◆◆

 

ネパールの垣見さんからお電話いただきました。携帯に海外から電話がかかってくることなどほとんどないので

国際番号と(ネパール)という文字を見たときは驚きました。なぜか早く切らなきゃ、と思ってしまう昭和生まれ、小心者の私。

 

垣見さんはとてもお元気そうでした。

先日のコンサートの寄附金入金を確認して、御礼のお電話でした。

今、まだネパールはなかなか航空便も届かないとのことで急遽電話してくださったみたいです。

 

チャリティーコンサートに集まった皆で、この不穏な世界情勢の中、ネパールに愛が届きますように、と祈りを送ってみました、と話すと喜んでくださいました。

こういう時、一番最初に困るのが貧しい家庭の子ども、弱者に最初にしわ寄せが集まると思うので、、と話すと

もう仕事を失った人たちが食べるものに困ることがちらほら始まっているらしく、

今回はまずそこにお金を使って頂くことにしました。

 

お金の遣い道は垣見さんに毎度お任せしております。

 

また近いうちにチャリティーコンサートが実現すると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

◆ネパールへ届けるチャリティーコンサート

   祈りのヴァイオリン バッハ無伴奏作品

 

【日時】2020年6月21日(日)

   11時から11時45分  14時から14時45分 (2回公演 演奏内容は異なります)

 

【場所】須磨寺参道沿い 祈りの回廊 亜細亜万神殿

 

【料金】入場無料 予約不要 ネパールのための寄付をお願いいたします

 

流行病でイベント自粛が多い昨今、5月以降の予定もまだ安定せず告知できません。

このたび、色んな方が繋げてくださったおかげで、夏至の日、須磨寺のストゥーパの前でネパールチャリティーコンサートをさせていただくことになりました。

ウイルス騒動もその頃には鎮まっている事を願っていますが、

屋外ですので、換気も良く、健康な方はお気楽にお越しくださいませ。

 

ただし、野外ですので、楽器の特性上雨天中止とさせていただきます。

もし、その場合は、当日朝、このホームページ上でお知らせいたします。

 

YOUTUBEで会場の雰囲気を少し載せて見ましたが、

皆さま後ろでドンドン鳴っている太鼓の音にお気づきでしょうか?

 

これは側にあるお寺の建物で、参拝者の依頼があるとその都度行われる奉納祈祷だそうで、

私の集中力とのコラボ。

あはは

 

風の吹く中での演奏はとても気持ちが良かったです。

 

 

 

会場となる亜細亜万神殿、祈りの回廊は2015年のネパール地震ととても深い関わりがあります。

須磨寺に多数の神仏を寄贈され、それを同じ屋根のしたで祀ろうとして工事を進める中、

ネパールの大地震が起こりました。

東日本大震災が起こった時、ネパールでは国を挙げての慰霊が行われたことから

回廊北の部分にネパール・カトマンズのスワヤンブナート寺院を模したストゥーパを建設し、

塔の中にはルンビニーの砂を納め、釈迦誕生仏を祀り、摩尼車を巡らしています。

 

ネパールが繋げてくれたご縁です。

ナマステ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆ ネパールのOKバジよりお便りが届きました(2020.2.3.)◆◆

 

中島慎子様 2020.1.3.

 

 どんな新年を迎えられましたか。穏やかな正月でしたか。

3週間の村巡りを終えて一昨日 ドリマラ村に戻りました。そこで中島さん

からの便りが待っていてくれました。ありがとうございました。

 

 その便りには またまた たくさんのご協力金のことが書いてありました。

口座に振り込んでいただいた65,600円は今日現在 確認できて

いませんが、確認次第、お知らせさせていただきます。いつも次々に

高額のご支援 ありがとうございます。

 

 次に2つのお知らせです(写真をごらんください)

①チェトリダーティのネット接続の件です。 やっと同校を訪れるチャンスに

恵まれ支援金をお預かりしている中から20万ルピー(20万円)を支援して

きました。利息で毎月の料金を払う という学校側にとっては夢そのもの

の支援です。いずれ そちらと直接のやりとりができることになるでしょう。

 

②図書支援のサルブラージュ村のビジェイ校が50周年を迎え、校長から

300人ほどの出席者(主賓は市長)の前で図書室への支援を

発表してくれました。 写真をごらん下さい。

 

残についてはこれから支援に行くことになっています。しばらくお待ち下さい。

よい2020年を続けて下さい。ごきげんよう。

 

 

                     垣見一雅(OK baji)